MENU

便秘茶として人気のある2商品を徹底比較!

便秘茶で人気のあるものといえば、美爽煌茶と桃花スリムが挙げられます。

どちらもお通じを良くして、便秘解消に役立つハーブティーとして人気を集めています。
それぞれどのような特徴があるのか、ここで徹底検証していきましょう。

 

配合されている成分は何が違う?

 

どちらも女性のためのハーブティーと言えますが、含まれている成分は何が違うのでしょうか。
まずわかりやすい違いで言うと、香りと味のベースが違います。
美爽煌茶はアップルティーを基本とした仕上がりになっていて、桃花スリムはピーチを基本とした仕上がりになっています。

 

そして、材料の違いを見ていくと美爽煌茶はカミツレ、カワラケツメイ、エビスグサの種子、麦芽などの植物素材を中心とした成分になっています。

 

一方、桃花スリムはゴボウ根、黒大豆、生姜、マクイベリー、キャンドルブッシュ、ハイビスカスなど食物成分にプラスしてハーブを中心とした素材が特徴です。
どちらも毎日のお腹の調子を整えるのに、適したハーブティーと言えます。

 

 

 

 

 

 

価格面はどちらがお得か?

 

価格面で比較していくと、美爽煌茶は通常価格30袋で3600円、桃花スリムは30袋で4286円となっています。
これだけを比較すると、美爽煌茶の方がお得のような印象がありますが、長期的な視野で考えると桃花スリムの方がお得という結果に!

 

その理由として、桃花スリムは定期コースで購入すると3429円で購入することが可能。
つまり、毎回この値段で買えるので、実質これが通常価格と考えて問題ないでしょう。
そのため、毎回の購入料金を比較すると、結果的に桃花スリムが安いという結果になりました。

 

このように価格というのも、一つの判断材料となるのではないでしょうか。
ぜひ自分に合った便秘茶を見つけてみましょう。

 

 

>>今なら美爽煌茶30日分1500円のお試し実施中!こちらから