MENU

桃花スリムの気になる成分とは?

カフェインの作用とは?

 

紅茶やお茶に必ずと言っていいほど入っている成分といえば、カフェインが挙げられます。
カフェインには利尿作用があり、眠気や倦怠感を冷ますのにも効果があると言われています。
しかしある一定量までは摂取しても何ら問題ありませんが、カフェインの過剰摂取は人体的に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

脳神経系を刺激し、特に妊娠中の方や授乳中の方は控えた方が良い成分です。
そしてこのような成分は、健康食品や便秘茶に含まれているケースがよくあるのですが、桃花スリムには具体的なカフェインに関する記述はありません。
ただし、記載が無いとはいえ紅茶ということには変わりません。
多量のカフェインこそ入っていませんが、微量は入っている可能性はありますので、気になる方は実際に問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

桃花スリムに含まれている成分とは?

 

桃花スリムに含まれている材料は全12種類!
基本的には食物繊維を中心とした素材ばかりです。
そこに飲みやすさや香り付けなどを演出する成分が、いくつか含まれています。

 

具体的にはローズヒップ、ゴボウ根、黒大豆、キャンドルブッシュ、バラ花、はと麦、ハイビスカス、生姜、柿葉、ルイボス、マクイベリー、ハニーブッシュ。
公式ホームページに記述されている成分を見てみても、カフェインに関する記述は一切ありません。
カフェインが気になる方やアレルギー反応を示してしまうという方でも、特に気にする必要はないでしょう。

 

ただし、注意事項として妊娠中の方や授乳中の方は飲用することを控えた方が良いという記述があるので、カフェインのみならず腸への作用が強い成分が含まれているということは事実なので、気になる方は十分にケアしてから飲用しましょう。