MENU

桃花スリムは量によってはお腹が緩くなる?

桃花スリムはどんな成分が入っている?

 

便秘の方やお通じを気にされている方に人気のあるものが、食物繊維を多く取り入れた桃花スリム!
黒大豆やハニーブッシュといったイソフラボンを多く含んだ成分と、マクイベリーや柿葉といったポリフェノールを多く含んだものとともに、腸の動きを活発化させてくれる食物繊維を多く取り入れています。

 

具体的にはキャンドルブッシュやゴボウ根、はと麦などをうまく配合させつつも、飲みやすさもしっかりと追い求めたドリンクとなっています。
お通じはもちろんのこと、肌を綺麗にする美容効果が期待できるカリウムが入ったハイビスカスも配合されているのは女性にとって嬉しいところ!

 

女性が飲むことを想定した材料が、多く配合されているのが特徴です。
そしてお通じが良いという利点がある反面、副作用の危険性は多少なりともあります。

 

しかし副作用とは言っても、身体的に悪影響を及ぼすものではないので心配する必要はないでしょう。
ただ必要以上に摂取してしまうと、思わぬ体の変調をきたす可能性があります。

 

 

 

 

 

 

たくさん飲みすぎると下痢になる?

 

桃花スリムは腸の動きを正常化して、お通じがよくなる紅茶として人気がありますが、1日1杯を目安として作られています。
もし1日に何杯も飲んでしまうと、食物繊維をとりすぎて逆に便秘を悪化させたり、下痢を招いてしまう可能性があります。

 

食物繊維には不溶性と水溶性があり、そのバランスが崩れると便秘が解消されないという事態に陥ります。
ハーブティーを多く摂取しすぎてしまっても、かえって逆効果です。
不溶性食物繊維にあたる大豆や玄米なども取った上で、ハーブティーを1日1杯使用するというのが理想的です。